スタイルシートが無効なため使用できません ↓

  • 文字サイズ
  • 小
  • 大
  • ホーム
  • ダイビングはじめて講座

はじめて講座トップイラスト

Q. ダイビングを始めるには、まずどうしたらいいの?

 

とりあえず海の中がどんな風なのかを試しにお知りになりたい場合は、体験ダイビングが良いと思います。経験豊かなガイドスタッフがお客様をしっかりとサポート致しますので、安心して海の中を体験することができます。もちろん体験ダイビングをせずにいきなりCカード取得コース(オープンウォーターダイバーコース)をお受けになってもまったく問題ありません。

 

とりあえずCカードを取る前に体験ダイビングをしてみたい人!

すぐにでも「ダイバー」になりたい!

Cカードの講習の様子が知りたい!

講習をしてくれるスタッフたちってどんな感じ?

このページの先頭へ戻る

Q. Cカードって何?

 

Cカードとは、「スクーバ・ダイビングの定められた基準による知識と技術を習得した事を証明した」という認定証です。免許証ではないので、Cカードを取得していない人が勝手に海に潜っても罪に問われることはありません。ただ、Cカードを持っていないとほとんどのサービスでタンクを借りることはできません。なぜならば、海の中で息ができない人間が安全で楽しく海で潜るには、最低限の知識と技術が必要不可欠で、その最低限の知識と技術を習得した、という証明のCカードを持っていない人は最低限の知識と技術がないと見なされ、そういった人にはタンクを貸すわけにはいかないからです。

 

すぐにでも「ダイバー」になりたい!

Cカードの講習の様子が知りたい!

このページの先頭へ戻る

Q. Cカードって何日で取得できるの?

 

3日で取得できます。学科と海洋実習の日取りをわけるということも可能です。詳しくはご相談ください。

 

すぐにでも「ダイバー」になりたい!

Cカードの講習の様子が知りたい!

このページの先頭へ戻る

Q. Cカードの種類って色々あるみたいだけれど、認定団体による差はあるの?

 

Cカードとは、「スクーバ・ダイビングの定められた基準による知識と技術を習得した事を証明するもの」です。ただ、「定められた基準」というのは団体によって様々ですので、世界的に認められている基準である「WRSTC最低指導基準」にのっとった講習を行っている団体を選ぶとよいでしょう。ちなみにはごろもマリンサービスでは「WRSTC最低指導基準」にのっとった講習を行っている「PADI」という指導団体のCカードを発行しております。「PADI」のCカードは世界中のほとんどの場所で認知されているので海外ダイビングに行くときも安心です。

 

Cカードの講習の様子が知りたい!

このページの先頭へ戻る

Q. 器材は買わないとダメ?

 

全てレンタルできますので大丈夫です。器材はご自分のペースで徐々に少しずつ揃えていくのがいいと思います。ただ、目の悪い方は度付きの自分用のマスクを購入した方がいいかもしれません。コンタクトをつけて潜るという人も中にはいるようですが、海中ではマスクの中に海水が入ることがよくあります。そんなときコンタクトですと様々なトラブルが考えられますので、特に初心者や初級者の方はやめた方がいいでしょう。

 

レンタルの詳しい価格が知りたい!


このページの先頭へ戻る